Silverlightことはじめ


Microsoft社のRIA技術、Silverlight 2が2008年10月にリリースされ、約5ヶ月が経ちました。
Webブラウザ上でアニメーションやマルチメディアコンテンツの再生が可能な点でFlashと似ているため、
SilverlightとFlashは競合技術としてよく比較されてきました。

Flashは、その技術に加え、Flash Playerの高普及率や強力な制作ツール、非常に多くのクリエイターの
支持があり、RIAの世界を引っ張ってきたと言えます。
一方、RIA分野において後発であるSilverlight 2ですが、.NET Frameworkのサポートや、DRM技術対応
動画配信など、Microsoft社ならではの技術、強みがあることで、注目度が高く今後の普及が期待されます。

RIA開発を行っていく上で、FlashとSilverlightは競合技術ではなく、目的に応じて使い分ける技術ということ
になるでしょう。RIA開発者にとっては、RIA技術の選択肢が増え、嬉しくもあり悩ましくもある、というところで
しょうか。。

このRIAxDNPのサイトでは、Silverlightについてもこれからたくさん採り上げていきたいと思いますので、
どうぞご注目ください!

Silverlight 2の概要は下記のリソースや、数多くのサイトで紹介されていますので、そちらにおまかせして
ここでは、開発環境の基本情報とツールの入手先を以下にまとめておきます。

【開発ツール】
■Silverlight 2ランタイム
こちらからダウンロードできます。
http://www.microsoft.com/japan/silverlight/

Microsoft Visual Studio 2008

Visual Web Developer 2008 Express Edition with Service Pack 1(無償)でも開発できます。

Visual Studio 2008 SP1 用 Microsoft Silverlight Tools
上記Visual Studio または Visual Web Developerに追加インストール

Microsoft Expression Blend 2

Microsoft Expression Blend 2 Service Pack 1
Silverlight 2 を開発するために上記Expression Blend 2に追加インストール

Silverlight Toolkit
こちらのToolkitは、グラフ関連やツリービューなどの拡張コントロールです。
現在開発中で将来的にはSilverlightに組み込まれていく可能性のあるコントロールが、オープンソースで
公開されています。
必須ではありませんが、カスタムコントロール作成時の参考にもなりますの使ってみるとよいと思います。

オンラインでコントロールのサンプルを確認できます。
http://develop.net/techdays2009/silverlight/Controls.Samples.html

【Silverlightリソースリンク】
■Microsoft Silverlight製品サイト
http://www.microsoft.com/japan/silverlight/

■MSDN Silverlightデベロッパーセンター
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/cc838158(VS.95).aspx

■Silverlight.net(最新事例、チュートリアルなど)
http://silverlight.net/