ドットDNP「ウェブから学ぶ電子出版の可能性~多様な読書スタイルを考える~」参加レポートドットDNP「ウェブから学ぶ電子出版の可能性~多様な読書スタイルを考える~」参加レポート

5月7日、弊社のドットDNPにてゴールデンウィークのスペシャルイベント「ウェブから学ぶ電子出版の可能性~多様な読書スタイルを考える~」が開催されました。 株式会社ミツエーリンクスの木達一仁さんと、株式会社Gaji-Laboの山岸ひとみさんをお招きし、Webデザインにおけるアクセシビリティの取り組みと、サービスとしての読書体験についてそれぞれ講演いただきました。本記事では、その内容を抜粋してご紹介致します。 Webデザインにおけるアクセシビリティへの取組み 読書体験を考える ――サービスとしての読書体験 トークセッション セミナーを終えて Webデザインにおけるアクセシビリティへの取組み

iOS8とiOS7にプッシュ通知を送るiOS8とiOS7にプッシュ通知を送る

iOS8では、プッシュ通知から直接返信するなどのアクションが出来るようになりましたが、それに伴って通知の仕様も大きく変更されました。 この記事では基本的な手順とパラメータの変更点について簡単にまとめています。 プッシュ通知の登録手順の変更 上で述べた通知の機能拡張に伴い、アクションのない(=iOS7以前と同様の)プッシュ通知を行う場合でも実装方法が変わりました。具体的には、これまでプッシュ通知の登録時に使用していたregisterForRemoteNotificationTypes:メソッドが非推奨になり、registerUserNotificationSettings:メソッドとregisterForRemoteNotificationsメソッドを使う形になりました。 メソッド名だけ並べても分かりにくいので実際のコードで示すと iOS7以前ではこうだったのが… [application registerForRemoteNotificationTypes:UIRemoteNotificationTypeBadge

Kii Cloud Android SDKを使ってファイル公開するKii Cloud Android SDKを使ってファイル公開する

前回記事でファイルアップロードについてご紹介したので、今回はアップロードしたファイルを一般公開する機能についてご紹介します。先に「Kii Cloud Android SDKを使ってファイルアップロードする」を見ていただいて、Kii Cloud 上でのファイルアップロードについて知っていただくとより分かりやすいかと思います。 アップロードしたファイルについて おさらいになりますが、Kii

Kii Cloud JavaScript SDKを使ってデータを保存するKii Cloud JavaScript SDKを使ってデータを保存する

本記事はKii Cloud JavaScript SDKを使ってアカウント登録とログイン機能を実装するの続編です。今回は、データをKii Cloud上に保存する方法についてご紹介します。※ユーザーがログインしていることを前提としています。 オブジェクトのスコープを決める ファイルのアップロード含め、ユーザー以外のデータはすべてKiiObjectを使って操作します。また、Kii Cloud上へのデータ保存には、必ずBucket(以降、バケツと呼びます)が必要です。例えばTODOアプリで自分だけのTODO、グループに共有したいTODO、全体に公開したいTODOの機能を実装する場合、それぞれユーザースコープのバケツ、グループスコープのバケツ、アプリケーションスコープのバケツにオブジェクトを保存します(※準備編でも例に挙げています)。

Kii Cloud JavaScript SDKを使ってアカウント登録とログイン機能を実装するKii Cloud JavaScript SDKを使ってアカウント登録とログイン機能を実装する

本記事は、Kii Cloud JavaScript SDKを使ったサーバサイド実装不要のフロントエンド開発[準備編]の続編です。準備編では、新規アプリケーションの作成からKii CloudのJavaScript SDKの概要までをご紹介しました。今回は、アカウント登録とログイン機能の実装についてご紹介します。※JavaScript SDKのv2.1.20から仮ユーザーの機能が追加され、アカウント登録をしない状態でもデータ操作が可能となったようです。 アカウント登録

Kii Cloud JavaScript SDKを使ったサーバサイド実装不要のフロントエンド開発[準備編]Kii Cloud JavaScript SDKを使ったサーバサイド実装不要のフロントエンド開発[準備編]

Kii Cloudは、MBaaSと呼ばれるクラウドサービスのひとつで、モバイルアプリの開発で共通して必要となるサーバ側の機能が提供されています。BaaSを使ったフロントエンド開発は、Parse.comを使ったサーバサイド実装不要のフロントエンド開発[前編]でもご紹介しました。 MBaaS – Kii Cloud キークラウド Kii CloudもParseと同じく、ユーザー管理やデータ管理など、アプリケーション開発に必要な一連の機能が用意されており、SDKやREST