縦書きにWebフォントを使いたい!けど使えるのか検証してみた

最近、IT系の記事や勉強会でWebフォントの話題を見かけるようになってきました。以前の記事では、Webフォントサービスのデコもじを使ってRIAXDNPブログの記事タイトルのフォントを変えてみましたが、今回は縦書きにした文字にWebフォントを適用できるのか検証してみました。検証環境はWindows版Safari(5.1.2)とMac版Safari(5.1.1)です。

WEBフォントを使う

Webフォントサービスを使わずに自分でフォントを定義する場合、フォントのライセンスに注意してください。今回のフォントデータはデモ用に弊社の秀英体開発室からお借りしました。CSS3では以下のように@font-face規則を使って、フォントを定義することができます。

@font-face {font-family:’DNPShueiMinPr5B’;
      src:url(‘../../fonts/DNPShueiMinPr5-B.otf’) format(‘opentype’);
}

.myFontStyle {
      font-family:’DNPShueiMinPr5B’;
}

表示してみたものがこちら。左がWindows版Safari、右がMac版Safari、上から、システムフォント、otf、ttfとなっています。

Windows版SafariではWebフォントは表示されるのですが、フォントが横に寝てしまいました。一方、Mac版Safariでは正しい向きで縦書きにはなるのですが、WEBフォントが適用されているのは漢字のみで、かなはシステムフォントのヒラギノゴシックが表示されてしまいます。これは、漢字の場合は縦書きでも横書きでも共通のグリフを参照している一方で、かなはそれぞれ縦と横用のグリフがあるため、縦用のグリフをひもづけているテーブルを読み込めず、デフォルトのシステムフォントが表示されてしまっている、ということのようです。

SVGで縦書き

SVG内でも縦書きが可能なので、こちらの方法でもWEBフォントを適用してみることにしました。SVGでは、WEBフォントを利用する仕組みとして、CSS3の@font-face規則に対応するプロパティが定義されています。以下のようにしてフォントを読み込み、適用します。

<svg>
 <defs>
  <font-face font-family=”shuei”>
   <font-face-src>
    <font-face-uri xlink:href=”./svg/shueiSvgFont.svg#shueiFont”>
     <font-face-format string=”svg”/>
    </font-face-uri>
   </font-face-src>
  </font-face>
 </defs>
 <g style=”font-family:’MS 明朝’,’HiraMinProN-W3′,’Hiragino Mincho ProN’, serif;” writing-mode=”tb”>
   <text x=”120″ y=”30″ font-size=”43″ letter-spacing=”27″>
      東国なの
   </text>
 </g>
 <g style=”font-family:shuei;” writing-mode=”tb”>
   <text x=”30″ y=”-50″ font-size=”80″ letter-spacing=”0″ fill=”orangered” id=”shuei”>
      東国なの
   </text>
 </g>
</svg>

font-face-uriでフォントファイルを指定するのですが、今回の検証ではotf,ttfは読み込めていないようでしたので、必要なグリフのみをsvgフォント化し、利用しました。svgフォントであればfont-face-uriで問題なく読み込めました。表示したものがこちら。左がWindows版Safari、右がMac版Safari、右から、システムフォント、svgフォントとなっています。

効果をかけたい

更に欲張って、これらに効果をかけてみます。ここまでで縦書きにWebフォントが適用できるのはSVGでの縦書き×SVGフォントの組み合わせでしたので、こちらにCSS3の効果をかけてみました。ドロップシャドウは比較的問題なくかかるのですが、グラデーションなどその他の効果はまったく表示されなかったりしました。SVG自体にもFilter機能がありますが、Safariでは現在未対応となっています。

【Nehanの利用】

そこで、どうしても効果をかけたい場合は、縦書き表示を実現することのできるJSライブラリ「Nehan」(MITライセンス)を使います。Nehanは基本的に横書き用のグリフを縦組みに擬似的に表示させているので、WEBフォントもCSS効果も問題なく適用させることができます。ただし、音引きや句読点については画像化されています。画像化されるグリフには当然ながらWEBフォントが適用されないので注意が必要かと思います。表示してみたものがこちら。上がWindows版Safari、下がMac版Safariです。

結論

以上、だいぶ長くなってしまいましたが、結論としてはWEBフォントをどうしても縦書きで使いたいのならば、今のところSVG(もしくは漢字のみにする)。CSS効果をかけたい場合はNehanを使う、という結論になりました。モリサワさんがクラウドフォントサービスの「TypeSquare」を発表したりなど、盛り上がりを見せているWebフォントですが、ブラウザの対応も早く進んでほしいものです。

Related Post

Kii Cloud JavaScript SDKを使ってアカウント登録とログイン機能を実装するKii Cloud JavaScript SDKを使ってアカウント登録とログイン機能を実装する

本記事は、Kii Cloud JavaScript SDKを使ったサーバサイド実装不要のフロントエンド開発[準備編]の続編です。準備編では、新規アプリケーションの作成からKii CloudのJavaScript SDKの概要までをご紹介しました。今回は、アカウント登録とログイン機能の実装についてご紹介します。※JavaScript SDKのv2.1.20から仮ユーザーの機能が追加され、アカウント登録をしない状態でもデータ操作が可能となったようです。 アカウント登録

Gruntで快適な環境を整備したい!【タスク記述編】Gruntで快適な環境を整備したい!【タスク記述編】

『Gruntで快適な環境を整備したい!【インストール編】』に引き続き、タスクの自動化ツールであるGruntを使ってみます。今回はタスク記述編ということで、様々なタスクを書いてみます 今回したいこと 今回は以下のタスクを書いてみたいと思います。タスクはGruntfile.jsに書きます。ベースとなるコードは前回の記事『Gruntで快適な環境を整備したい!【インストール編】』の「Gruntfile.jsを作成する」をご覧ください。 タスクの中身は基本的に、処理対象となるファイルやフォルダのパスと処理後のパスで構成されています。ファイルパスの書き方には「コンパクト形式」「ファイルオブジェクト形式」「ファイル配列形式」があります。Gruntのドキュメントを日本語化してくださっているサイトがありますので、こちらを参考にしてください。プラグインによってはサポートしていない形式があるようですので、どのプラグインがどの形式をサポートしているかは各プラグインのドキュメントを参照してください。 ■ファイル、フォルダの複製 ファイル、フォルダの複製にはgrunt-contrib-copyを使います。納品用に必要なファイルをすべてbuildフォルダ下にコピーしてみます。   copy: {    dist:

position:fixedを実現するiScrollを使う際に覚えておきたいメソッドたちposition:fixedを実現するiScrollを使う際に覚えておきたいメソッドたち

ヘッダーやフッター等の要素を固定表示するのに利用されるposition:fixed。このposition:fixedがサポートされていない環境で、固定表示を実現する際によく使われるライブラリにiScrollがあります。要素を固定するというよりは、特定要素の範囲をスクロール可能にする、overflow:autoのようなイメージです。 複雑なレイアウトになると、iScrollでスクロールさせている要素の高さが動的に変化したり、スクロール領域が入れ子だったり・・・ユーザ操作に応じて追加の処理を行う必要があります。難しそうなレイアウトは設計の際に回避したいところですが、そういう実装が必要な場合に使えるiScrollのメソッドをまとめてみました。 iScrollの使い方 iScrollの使い方ですが、HTML要素に任意のIDを付け、JSで初期化を行います。下記の例ではid=”scroller”の要素がスクロール可能になります。例でリスト要素になっている部分は何でもかまいませんが、2つのwrapper(例ではIDがwrapperとscrollerのdiv要素)は必要です。また、一番外側の要素には高さを指定しておく必要があります。 ◆HTML <div id=”wrapper”><div id=”scroller”><ul><li></li>……</ul></div></div>