Kii Cloud JavaScript SDKを使ってアカウント登録とログイン機能を実装する

本記事は、Kii Cloud JavaScript SDKを使ったサーバサイド実装不要のフロントエンド開発[準備編]の続編です。準備編では、新規アプリケーションの作成からKii CloudのJavaScript SDKの概要までをご紹介しました。今回は、アカウント登録とログイン機能の実装についてご紹介します。
※JavaScript SDKのv2.1.20から仮ユーザーの機能が追加され、アカウント登録をしない状態でもデータ操作が可能となったようです。

アカウント登録

アカウント登録やログイン機能の実装には、KiiUser オブジェクトを使います。ユーザー作成用のメソッドが1つ用意されているわけではなく、ユーザー名やメールアドレスなど、ユーザーの認証を行うIDの種類によって異なるメソッドが提供されています。

  • userWithUsername : ユーザー名、パスワード
  • userWithEmailAddressAndUsername : ユーザー名、パスワード、メールアドレス
  • userWithPhoneNumberAndUsername : ユーザー名、パスワード、電話番号
  • userWithEmailAddress : メールアドレス、パスワード
  • userWithPhoneNumber : 電話番号とパスワード

今回はユーザー名を使います。非同期処理をすっきり書くために、[準備編]でご紹介したオリジナルのユーティリティ関数kiiPromiseを利用します。

/*** ユーザー名とパスワードを使ってユーザーを作成する

*/function userWithUsername(username, password)
{ var d = $.Deferred();
 try 
{ 

// KiiUserオブジェクトを作成

var user = KiiUser.userWithUsername(username, password);

 }catch(e){ 
// userWithUsernameの引数に無効な値が渡された場合、Exception

が発生する。return d.reject(e.message); 
} 
// Kii Cloudに登録する

return kiiPromise(user.register, user); 
}

ユーザーを作成する際に、関数の引数に無効な値が渡された場合(例えば、パスワードに空文字列を設定するなど)Exceptionが発生するので、エラー処理が必要です。

var username = "hiromitsuuuuu";
var password = "xxxxx"; userWithUsername(username, password).
then(showSuccess, showError); function showSuccess(theUser)
{
// ユーザー作成成功} 
function showError(theUser, errorString)
{
// ユーザー作成失敗}

ユーザー作成が成功すると、データブラウザーのUsersに新規作成したユーザーが追加されます。

Display NameやCountryといった属性は、既定フィールドとしてあらかじめ定義されています。独自のフィールドを追加することもできます。独自フィールドはCustom AttributesとしてUser details内にJSON形式で表示されます。

ログイン

ログイン用のメソッドは、ユーザー作成ほど種類は多くありません。ユーザー作成時に指定したID(ユーザー名もしくはメールアドレス、電話番号)でログインするか、アクセストークンでログインするかを選択することができます。

  • authenticate : パスワードでのログイン
  • authenticateWithToken : アクセストークンでのログイン

アクセストークンを用いたログインを行うためには、ログイン成功後にアクセストークンをローカルストレージに保存しておく必要があります。以下はパスワードによるログインの例です。

/*** パスワードによるログイン

*/function authenticate(userIdentifier, password)
{ 
return kiiPromise(function (callbacks)

{KiiUser.authenticate(userIdentifier, password, callbacks)
;}); 
}
var userIdentifier = "hiromitsuuuuu";

var password = "xxxxx";

var storageId = "todoAppSample"; 

authenticate(userIdentifier, password).

then(function(user){

// アクセストークンをローカルストレージに保存しておく。

return saveAccessToken(user, storageId);}).

then(showSuccess, showError); 

/*** アクセストークンをローカルストレージに保存する

*/function saveAccessToken(user, storageId)
{ 
var d = $.Deferred(); 

// KiiUserオブジェクトからアクセストークンを取得

var token = user.getAccessToken(); 

// ローカルストレージに保存

localStorage.setItem(storageId, token); 

return d.resolve(user); 
}

ログイン後は、ローカルストレージに保存したアクセストークンを使います。このトークンはログアウト時やパスワードの変更時にローカルストレージから削除する必要があります。

まとめ

今回は、アプリケーション開発時に必要となる「アカウント登録」と「ログイン」機能の実装方法を、[準備編]でご紹介したオリジナルのユーティリティ関数kiiPromiseを使ってご紹介しました。次回は実際にデータを保存する際に使用する「オブジェクトの作成」について解説したいと思います。

Related Post

Kii Cloud JavaScript SDKを使ってデータを保存するKii Cloud JavaScript SDKを使ってデータを保存する

本記事はKii Cloud JavaScript SDKを使ってアカウント登録とログイン機能を実装するの続編です。今回は、データをKii Cloud上に保存する方法についてご紹介します。※ユーザーがログインしていることを前提としています。 オブジェクトのスコープを決める ファイルのアップロード含め、ユーザー以外のデータはすべてKiiObjectを使って操作します。また、Kii Cloud上へのデータ保存には、必ずBucket(以降、バケツと呼びます)が必要です。例えばTODOアプリで自分だけのTODO、グループに共有したいTODO、全体に公開したいTODOの機能を実装する場合、それぞれユーザースコープのバケツ、グループスコープのバケツ、アプリケーションスコープのバケツにオブジェクトを保存します(※準備編でも例に挙げています)。

Sass/Compassを使ってCSSスプライトに挑戦してみました。Sass/Compassを使ってCSSスプライトに挑戦してみました。

CSSスプライトを作成する機会があったため、最近よく耳にするSassとCompassを使ってみました。CSSスプライトとは、複数の画像を1枚の画像としてまとめ、CSSで表示範囲を指定することにより表示する手法です。画像のリクエスト数を削減することができるため、高速化の手法の1つとして利用されています。 Sass/Compassについて  Sassとは、CSSの拡張メタ言語です。独自の文法で記述したファイルをコンパイルして、CSSを生成します。独自の文法といっても、CSSをそのまま書くこともできますし、CSSをベースに拡張されているので学習コストは低いです。変数や演算、ミックスインと呼ばれる関数のような仕組みや継承、条件式などの文法があり、CSSの冗長性や保守性、生産性の悪さを解消することができます。公式サイトは英語ですが、enja-ossというプロジェクトでリファレンスの日本語訳が進められているようです。 次にCompassとは、sassのフレームワークで、様々なミックスインやスタイルが用意されています。CSSスプライトをはじめ、ベンダープレフィックスを自動で追加してくれたり、sassファイルの変更を監視して自動でコンパイルしたりと便利な機能が満載です。今回は、このCompassのCSSスプライトの機能を使ってみます。Sass/Compassのインストール、設定ファイルの記述については割愛します。 CompassでCSSスプライト  CSSスプライトを生成するためには、まずSass管理下の画像ディレクトリ内に任意のディレクトリを作成し、スプライトの元となる画像を用意します。今回は以下のような構成で画像を用意しました。 続いて、.scssファイルを用意します。最低限書かなければいけないのは、以下の4行です。この4行で、指定したフォルダ内の画像をCSSスプライト画像にまとめ、表示用クラスを生成することができます。  @charset “utf-8”; @import

IllustratorからSVGを書き出して、SVGアニメーションを追加するIllustratorからSVGを書き出して、SVGアニメーションを追加する

iOS5のアップデートに伴い、Mobile SafariがインラインSVGに対応しました。そこで、このiOS5のMobileSafari向けに、キャラクターのイラストをIllustratorで書き出し、SMILアニメーションに挑戦してみました。   SVGをアニメーションさせる際の選択肢 SVGで書き出したグラフィックをアニメーションさせる場合、DOM操作、SMILアニメーションなどいくつかの方法があります。 ・SMILアニメーション・CSS3アニメーション・JavaScriptでの属性値変更・Canvasアニメーション SVGの仕様は非常に大きく、アニメーション機能としてSMIL Animationをサポートしています。SMILとは、Synchronized Multimedia