Kii Cloud JavaScript SDKを使ってアカウント登録とログイン機能を実装する

本記事は、Kii Cloud JavaScript SDKを使ったサーバサイド実装不要のフロントエンド開発[準備編]の続編です。準備編では、新規アプリケーションの作成からKii CloudのJavaScript SDKの概要までをご紹介しました。今回は、アカウント登録とログイン機能の実装についてご紹介します。
※JavaScript SDKのv2.1.20から仮ユーザーの機能が追加され、アカウント登録をしない状態でもデータ操作が可能となったようです。

アカウント登録

アカウント登録やログイン機能の実装には、KiiUser オブジェクトを使います。ユーザー作成用のメソッドが1つ用意されているわけではなく、ユーザー名やメールアドレスなど、ユーザーの認証を行うIDの種類によって異なるメソッドが提供されています。

  • userWithUsername : ユーザー名、パスワード
  • userWithEmailAddressAndUsername : ユーザー名、パスワード、メールアドレス
  • userWithPhoneNumberAndUsername : ユーザー名、パスワード、電話番号
  • userWithEmailAddress : メールアドレス、パスワード
  • userWithPhoneNumber : 電話番号とパスワード

今回はユーザー名を使います。非同期処理をすっきり書くために、[準備編]でご紹介したオリジナルのユーティリティ関数kiiPromiseを利用します。

/*** ユーザー名とパスワードを使ってユーザーを作成する

*/function userWithUsername(username, password)
{ var d = $.Deferred();
 try 
{ 

// KiiUserオブジェクトを作成

var user = KiiUser.userWithUsername(username, password);

 }catch(e){ 
// userWithUsernameの引数に無効な値が渡された場合、Exception

が発生する。return d.reject(e.message); 
} 
// Kii Cloudに登録する

return kiiPromise(user.register, user); 
}

ユーザーを作成する際に、関数の引数に無効な値が渡された場合(例えば、パスワードに空文字列を設定するなど)Exceptionが発生するので、エラー処理が必要です。

var username = "hiromitsuuuuu";
var password = "xxxxx"; userWithUsername(username, password).
then(showSuccess, showError); function showSuccess(theUser)
{
// ユーザー作成成功} 
function showError(theUser, errorString)
{
// ユーザー作成失敗}

ユーザー作成が成功すると、データブラウザーのUsersに新規作成したユーザーが追加されます。

Display NameやCountryといった属性は、既定フィールドとしてあらかじめ定義されています。独自のフィールドを追加することもできます。独自フィールドはCustom AttributesとしてUser details内にJSON形式で表示されます。

ログイン

ログイン用のメソッドは、ユーザー作成ほど種類は多くありません。ユーザー作成時に指定したID(ユーザー名もしくはメールアドレス、電話番号)でログインするか、アクセストークンでログインするかを選択することができます。

  • authenticate : パスワードでのログイン
  • authenticateWithToken : アクセストークンでのログイン

アクセストークンを用いたログインを行うためには、ログイン成功後にアクセストークンをローカルストレージに保存しておく必要があります。以下はパスワードによるログインの例です。

/*** パスワードによるログイン

*/function authenticate(userIdentifier, password)
{ 
return kiiPromise(function (callbacks)

{KiiUser.authenticate(userIdentifier, password, callbacks)
;}); 
}
var userIdentifier = "hiromitsuuuuu";

var password = "xxxxx";

var storageId = "todoAppSample"; 

authenticate(userIdentifier, password).

then(function(user){

// アクセストークンをローカルストレージに保存しておく。

return saveAccessToken(user, storageId);}).

then(showSuccess, showError); 

/*** アクセストークンをローカルストレージに保存する

*/function saveAccessToken(user, storageId)
{ 
var d = $.Deferred(); 

// KiiUserオブジェクトからアクセストークンを取得

var token = user.getAccessToken(); 

// ローカルストレージに保存

localStorage.setItem(storageId, token); 

return d.resolve(user); 
}

ログイン後は、ローカルストレージに保存したアクセストークンを使います。このトークンはログアウト時やパスワードの変更時にローカルストレージから削除する必要があります。

まとめ

今回は、アプリケーション開発時に必要となる「アカウント登録」と「ログイン」機能の実装方法を、[準備編]でご紹介したオリジナルのユーティリティ関数kiiPromiseを使ってご紹介しました。次回は実際にデータを保存する際に使用する「オブジェクトの作成」について解説したいと思います。

Related Post

Kii Cloud JavaScript SDKを使ったサーバサイド実装不要のフロントエンド開発[準備編]Kii Cloud JavaScript SDKを使ったサーバサイド実装不要のフロントエンド開発[準備編]

Kii Cloudは、MBaaSと呼ばれるクラウドサービスのひとつで、モバイルアプリの開発で共通して必要となるサーバ側の機能が提供されています。BaaSを使ったフロントエンド開発は、Parse.comを使ったサーバサイド実装不要のフロントエンド開発[前編]でもご紹介しました。 MBaaS – Kii Cloud キークラウド Kii CloudもParseと同じく、ユーザー管理やデータ管理など、アプリケーション開発に必要な一連の機能が用意されており、SDKやREST

Gruntで快適な環境を整備したい!【インストール編】Gruntで快適な環境を整備したい!【インストール編】

みなさんはHTML/JS/CSSベースの開発をする際、どんな開発環境で開発していますか?今回は快適な開発環境を目指して、Gruntというタスクの自動化ツールを使ってみます。使用するGruntのバージョンは0.4.1です。 Gruntとは…? Gruntとは、ファイルのコピーや削除、JS/CSSのminifyなどの作業を自動化してくれるビルドツールです。Node.jsベースで動作しており、コマンドラインで使用します。ファイルのコピーや削除は人の手が入るほどミスが発生しがちです。また、JS/CSSのminifyはオンラインで行えるものもありますが、修正の度にすべてのファイルに手動で実行するのは大変手間がかかります。このような単純作業を自動化して、効率化を図ることができるのがGruntです。 Gruntのインストール Gruntの動作には、Node.jsと、Gruntのコマンドラインインターフェースであるgrunt-cliが必要です。まず、この2つをインストールします。  ■Node.jsのインストール Node.jsはインストーラを使ってインストールします。Node.js公式サイトのトップページにINSTALLボタンがあるので、ここからインストーラをダウンロードしてください。画面の指示に従って進めて行けば、インストール完了です。コマンドプロンプトで「node -v」と入力し、バージョンが表示されればインストール成功です。

IllustratorからSVGを書き出して、SVGアニメーションを追加するIllustratorからSVGを書き出して、SVGアニメーションを追加する

iOS5のアップデートに伴い、Mobile SafariがインラインSVGに対応しました。そこで、このiOS5のMobileSafari向けに、キャラクターのイラストをIllustratorで書き出し、SMILアニメーションに挑戦してみました。   SVGをアニメーションさせる際の選択肢 SVGで書き出したグラフィックをアニメーションさせる場合、DOM操作、SMILアニメーションなどいくつかの方法があります。 ・SMILアニメーション・CSS3アニメーション・JavaScriptでの属性値変更・Canvasアニメーション SVGの仕様は非常に大きく、アニメーション機能としてSMIL Animationをサポートしています。SMILとは、Synchronized Multimedia