Kii Cloud JavaScript SDKを使ってデータを保存する

本記事はKii Cloud JavaScript SDKを使ってアカウント登録とログイン機能を実装するの続編です。今回は、データをKii Cloud上に保存する方法についてご紹介します。※ユーザーがログインしていることを前提としています。

オブジェクトのスコープを決める

ファイルのアップロード含め、ユーザー以外のデータはすべてKiiObjectを使って操作します。また、Kii Cloud上へのデータ保存には、必ずBucket(以降、バケツと呼びます)が必要です。例えばTODOアプリで自分だけのTODO、グループに共有したいTODO、全体に公開したいTODOの機能を実装する場合、それぞれユーザースコープのバケツ、グループスコープのバケツ、アプリケーションスコープのバケツにオブジェクトを保存します(※準備編でも例に挙げています)。

どのスコープのバケツも、最初は新規作成する必要があります。以下はそれぞれのスコープのオブジェクトを作成するステップです。

■アプリケーションスコープのオブジェクトの場合

ログインしているすべてのユーザーが閲覧可能なオブジェクトは、アプリケーションスコープのバケツに作成します。

  1. アプリケーションスコープのバケツを作る
  2. オブジェクトを作る
  3. オブジェクトをKii Cloudに保存する

■グループスコープのオブジェクトの場合

ある特定のユーザーの集まりにのみ閲覧可能なオブジェクトは、グループスコープのバケツに作成します。グループスコープのバケツを作る際にグループを指定しなければならないので、グループの作成も必要です。グループ作成時のグループメンバーは作成者本人しか居ないので、メンバーは後から追加します。

  1. グループを作る(すでにグループがある場合はグループを取得する)
  2. グループスコープのバケツを作る
  3. オブジェクトを作る
  4. オブジェクトをKii Cloudに保存する

■ユーザースコープのオブジェクトの場合

自分自身にのみ閲覧可能なオブジェクトは、ユーザースコープのバケツに作成します。

  1. ユーザースコープのバケツを作る
  2. オブジェクトを作る
  3. オブジェクトをkiiCloudに保存する

オブジェクトを新規作成する

ここでは一番ステップの多いグループスコープのオブジェクトに焦点を当てて実装例をご紹介します。まず、グループを作成します。グループ名が同じであっても、新規にグループを作成してしまうと、Kii Cloud上に同じ名前のグループがいくつも作成されてしまう(名前が同じでURIが異なるグループができる)ので注意してください。バケツは名前が同じでも複数作られることはありません。

var groupName = "riaxdnp";

function groupWithName(name)

{
// グループを作成する

var group = KiiGroup.groupWithName(name);

// グループを保存する

return kiiPromise(group.save, group);
}
 
// 何度も実行すると、同じ名前のグループがたくさんできてしまうので注意。groupWithName(groupName).

then(showSuccess, showError);

すでにグループがある場合は、ユーザーがメンバーとして属しているグループの一覧を取得しておき、グループURIからグループオブジェクトを再インスタンス化します。以下の画像のTODOアプリのサンプルでは、ユーザーがログインした際にグループ一覧を取得し、リスト要素の属性にURIを持たせています。TODO作成時に、選択したリストの属性からURIを取得し、再インスタンス化します。

// メンバーとして属しているグループの一覧を取得する

function memberOfGroups()

{

// ログイン中のユーザーを取得する

var user = KiiUser.getCurrentUser();

return kiiPromise(user.memberOfGroups, user);

} 
function
 showGroupLists(theUser, memberOfGroups)
{
// memberOfGroupsを表示する

// group.objectURI()
でURIを取得し属性に設定しておく}
 memberOfGroups().

then(showGroupLists, showError);

グループの用意が出来たら、そのグループオブジェクトからグループスコープのバケツを作成します。そして、バケツからオブジェクトを作成し、TODOに必要データをsetしたあと、Kii Cloudと同期します。

var $form = $("#todoform");

var todotext = $form.find(".todotext").val();
var
 scope = $form.

find("input:radio[name = 'group-type']:checked").

val();var groupUri = $form.

find("[data-group-uri]").

data("groupUri"); 

var vals = { todo : todotext };
var
 bucket = getBucket(scope, "riaxdnp", groupUri); 
createObject(bucket, vals).

then(showSuccess, showError); 

// スコープに応じたbucketを返す

function getBucket(scope, bucketName, groupUri){ var bucket = {}; 
switch(scope)
{
case "app":bucket = Kii.bucketWithName(bucketName);
break;case "group":

// URIから再インスタンス化する

var group = new KiiGroup.groupWithURI(uri);

bucket = group.bucketWithName(bucketName);
break;
case "user":
var user = KiiUser.getCurrentUser();

bucket = user.bucketWithName(bucketName);break;
} 
return bucket; 
} 
// オブジェクトを作成する

function createObject(bucket, vals)
{ 
var obj = bucket.createObject(); 

for(var key in vals)

{if(vals.hasOwnProperty(key)){obj.s

(key, vals[key]);}
} 
return kiiPromise(obj.save, obj); 
}

オブジェクトの作成が成功すると、データブラウザーのObjectsに新規作成したオブジェクトが追加されます。

バケツ内のオブジェクトを取得する

オブジェクトの取得にもバケツを使います。バケツ内のすべてのオブジェクトを取得する場合も、特定の条件を満たすオブジェクトを取得する場合も、KiiQueryを使って検索を行います。

// バケツ内のオブジェクトを指定件数分だけ取得する検索Queryを作る

function buildAllObjectQuery(bucket, limit)

{ 
var d = $.Deferred(),

query = KiiQuery.queryWithClause(); 
if(limit){query.setLimit(limit);

} 
// 更新日時降順query.sortByDesc("_modified");

 return d.resolve(bucket, query); 
} 
// 検索を実行するfunction executeQuery(bucket, query)
{ 
return kiiPromise(function (callbacks)
{
bucket.executeQuery
(query,callbacks);});
 } 
buildAllObjectQuery(bucket).
then(executeQuery).
then(function(queryPerformed,
resultSet,
nextQuery)
{
// resultSetを表示する},

showError);

ユーザーが作成したすべてのTODOを取得するには、それぞれのスコープのバケツに対して検索を実行します。

まとめ

今回はオブジェクトの新規作成と取得の方法をご紹介しました。オブジェクトの操作には、KiiObjectとKiiBucketが必要(グループスコープの場合はKiiGroupも)ということがお分かりいただけたかと思います。

Related Post

ドットDNP「ウェブから学ぶ電子出版の可能性~多様な読書スタイルを考える~」参加レポートドットDNP「ウェブから学ぶ電子出版の可能性~多様な読書スタイルを考える~」参加レポート

5月7日、弊社のドットDNPにてゴールデンウィークのスペシャルイベント「ウェブから学ぶ電子出版の可能性~多様な読書スタイルを考える~」が開催されました。 株式会社ミツエーリンクスの木達一仁さんと、株式会社Gaji-Laboの山岸ひとみさんをお招きし、Webデザインにおけるアクセシビリティの取り組みと、サービスとしての読書体験についてそれぞれ講演いただきました。本記事では、その内容を抜粋してご紹介致します。 Webデザインにおけるアクセシビリティへの取組み 読書体験を考える ――サービスとしての読書体験 トークセッション セミナーを終えて Webデザインにおけるアクセシビリティへの取組み

Kii Cloud JavaScript SDKを使ってアカウント登録とログイン機能を実装するKii Cloud JavaScript SDKを使ってアカウント登録とログイン機能を実装する

本記事は、Kii Cloud JavaScript SDKを使ったサーバサイド実装不要のフロントエンド開発[準備編]の続編です。準備編では、新規アプリケーションの作成からKii CloudのJavaScript SDKの概要までをご紹介しました。今回は、アカウント登録とログイン機能の実装についてご紹介します。※JavaScript SDKのv2.1.20から仮ユーザーの機能が追加され、アカウント登録をしない状態でもデータ操作が可能となったようです。 アカウント登録

Kii Cloud JavaScript SDKを使ったサーバサイド実装不要のフロントエンド開発[準備編]Kii Cloud JavaScript SDKを使ったサーバサイド実装不要のフロントエンド開発[準備編]

Kii Cloudは、MBaaSと呼ばれるクラウドサービスのひとつで、モバイルアプリの開発で共通して必要となるサーバ側の機能が提供されています。BaaSを使ったフロントエンド開発は、Parse.comを使ったサーバサイド実装不要のフロントエンド開発[前編]でもご紹介しました。 MBaaS – Kii Cloud キークラウド Kii CloudもParseと同じく、ユーザー管理やデータ管理など、アプリケーション開発に必要な一連の機能が用意されており、SDKやREST